トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイド睡眠障害 > 睡眠障害と食事の関係

睡眠障害と食事の関係

睡眠障害と食事の関係の画像

気持ちよくぐっすりと熟睡する為には、バランスの良い食事の摂取が欠かせません。

揚げ物など脂肪の多い食べ物を控えたり、夜遅くに食事を摂取することは止めましょう。

食事の量も大切で昼食はたくさん食べてもかまいませんが、夕食は少し量を減らして頂くようにしましょう。

朝食は、もちろんきちんと摂取する必要があります。

現代人は忙しい方が多く、朝食を取らないという方も多くいらっしゃるようです。

特に一人暮らしの方などは、面倒くさいという理由から朝食抜きという方も多いようです。

午前中に活動するエネルギーを蓄える為に、きちんとした朝食を摂取する必要があります。

朝食を摂取するということは、一日の中で一番大切な行為なのです。

しっかりと朝食を取ることによって生活のリズムが出来るので、睡眠サイクルもきちんと整うようになります。

規則正しい睡眠を取ることが出来るようになるので、ぐっすりと眠ることが可能となります。

安眠の為には、牛乳や小魚などのカルシウムを意識して摂取するようにしましょう。

気持ちをリラックスさせる効果があります。

他にもコンブやわかめ・黒ゴマなど、色の黒い食品も安眠の為に効果のある食品です。

食パンよりも胚芽パン・白米よりも玄米といったように、健康の為にも黒い食品を摂取するように心掛けましょう。

このように睡眠障害と食事には、とても大きな関係があります。

バランスの取れた食事を心掛けることで、自然と睡眠サイクルが出来上がり安眠を得ることが出来るというわけです。

マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 睡眠障害と食事の関係

気持ちよくぐっすりと熟睡する為には、バランスの良い食事の摂取が欠かせません。 揚げ物など脂肪の多い食べ物を控えたり、夜遅くに食事を摂取することは止めましょう。 食事の量も大切で昼食はたくさん食べてもかまいませんが、夕食は少し量を減らして頂くようにしましょう。 朝食は、もちろんきちんと摂取する必要があります。 現代人は忙しい方が多く、朝食を取らないという方も多くいらっしゃるようです。 特に一人暮らしの方などは、面倒くさいという理由から朝食抜きという方も多いようです。 午前中に

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。