トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイド睡眠障害 > 子どものいびきや歯ぎしりは危険

子どものいびきや歯ぎしりは危険

子どものいびきや歯ぎしりは危険の画像

よくいびきをかいている子どもを見かけますが、子どものいびきはとても危険です。

大きないびきをかいていると、親は疲れてぐっすりと眠っているのだと安心してしまいがちです。

でも、そうではありません。

子どもが熟睡してぐっすりと眠っている場合には、大きないびきをかくことはありません。

いびきをかいているということは、質の悪い睡眠である証拠でもあるのです。

もしくは、体に何らかの不調を抱えているのかもしれません。

子どもは元々、大人に比べると上気道が細くなってしまっています。

ですから、比較的いびきをかきやすいともいえます。

他にも、鼻炎や歯並びの悪さ・栄養バランスの偏りなどが原因でいびきをかいている場合もあります。

寝ている間には成長ホルモンが分泌されるのですが、酸素が行き届かない為に体も心も発達に影響を及ぼしてしまいかねません。

発達段階にある子どもいびきというのは、とても危険で他にも様々な障害を引き起こすこともあります。

それほど、子どものいびきというのは危険なのものなのです。

歯ぎしりも同じで、そのままほおっておくと睡眠時無呼吸症候群といったような病気を引き起こすこともあります。

肉体的なストレスや精神的なストレス・悪い噛みあわせなどが原因となって、歯ぎしりをすることがあります。

自分では、歯ぎしりをしていることには気が付きません。

家族や周りの方によって、気づかされることが多いようです。

歯ぎしりも子どものいびきも、きちんと専門家に診て頂くようにしましょう。

たかがいびきや歯ごしりだからといって、ばかにしてはいけません。

そのままほおっておいたら、もっとひどい病気を引き起こすことにも成りかねません。

早急な対策が必要です。

マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 子どものいびきや歯ぎしりは危険

よくいびきをかいている子どもを見かけますが、子どものいびきはとても危険です。 大きないびきをかいていると、親は疲れてぐっすりと眠っているのだと安心してしまいがちです。 でも、そうではありません。 子どもが熟睡してぐっすりと眠っている場合には、大きないびきをかくことはありません。 いびきをかいているということは、質の悪い睡眠である証拠でもあるのです。 もしくは、体に何らかの不調を抱えているのかもしれません。 子どもは元々、大人に比べると上気道が細くなってしまっています。 です

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。