トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイド睡眠障害 > 寝不足と寝すぎについて

寝不足と寝すぎについて

寝不足と寝すぎについての画像

睡眠というのは、何時間程度とればよいものなのでしょうか。

1日に必要な睡眠時間は人によって異なり、4時間で大丈夫な人もいれば9時間以上必要な人もいます。

それほど、必要とされる睡眠時間はばらばらなのです。

相対性理論で知られる有名なアインシュタインは、9時間以上の睡眠が必要な長時間睡眠者です。

長時間睡眠者は、9時間以上ずっと熟睡しているというわけではありません。

途中で何度も目が覚めたり、眠りの浅い状態が続いたりしています。

長時間睡眠者というのは、眠りの質が悪いということになります。

長時間睡眠者には比較的女性の割合が多く、内気で心配性の性格の方が多いようです。

原因ははっきりとはわかっておらず、睡眠時の無呼吸に陥っている場合もあります。

何か異変に気が付いた場合には、すぐに専門家を受診するようにしましょう。

反対に短時間睡眠者は、4時間程度の睡眠であっても満足することが出来ます。

ナポレオンは短時間睡眠者として有名ですが、何と睡眠時間は平均3時間程度だったそうです。

短時間睡眠者の場合には眠りが深く、効果的な無駄の無い眠りをしているといえます。

昼間に眠気がくることはなく、目覚ましがなくてもパッと起きることが可能です。

この長時間睡眠者と短時間睡眠者というのは、遺伝によるものが大きいとされています。

若いときに短時間睡眠者であった場合には、これから先も短時間睡眠者ということが多いようです。

長時間睡眠者の場合にも同じで、ずっと付き合っていかなくてはなりません。

マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 眠る前飲む、飲み物とは

お腹がいっぱいだと胃がもたれて眠れなくなってしまいます。 反対に、お腹が空き過ぎていても快眠を得ることは出来なくなってしまいます。 お腹が空いていると低血糖状態となり、体が危機的な状況だと感じとってしまいます。 ですからお腹いっぱい食べるのではなく、少しでかまわないので甘いものを口にするようにしましょう。 甘いものといっても、ケーキやラーメンを食べろといっているわけではありません。 お勧めしたいのは、ホットミルクです。 牛乳を温めたものですが、牛乳には催眠効果があるトリプト

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。