トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイド睡眠障害 > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の画像

睡眠時無呼吸症候群という名前を、聞いたことがあるでしょうか?
最近では、この病気が注目されるようになってきました。

睡眠障害の中には、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる病気になる場合もあります。

この睡眠時無呼吸症候群というのは、眠っている間に呼吸をしない状態が10秒以上続くことを指します。

さらにその状態が、一晩に30回以上も続く状態を指します。

無呼吸の時には酸素が行き届いていないので、酸欠状態の陥ってしまいます。

その結果、動脈硬化や高血圧などを引き起こしてしまうのです。

他にも心不全や脳梗塞といったような大きな病気を引き起こしてしまうこともあるので、注意しなければなりません。

睡眠時無呼吸症候群は、自分ひとりでは気がつかないことがほとんどです。

ですから、家族や友人などに確認してもらう必要があります。

睡眠時にカメラを回して確認するという方法もあるので、まずは無呼吸状態に陥っているかどうかを確認するようにしましょう。

まず大きないびきをかき、その後にいびきが止まります。

いびきが止まった後に無呼吸の状態に陥り、その後に大きないびきをかくと病気の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群は、きちんとした病気ですから治療する必要があります。

眠っている間に気がつかないので、発見が遅れることも多いようです。

最近何か体の調子が悪いなと感じるようであれば、こういった病気を疑ってみるとよいかもしれません。

疑いがある場合には、早急に睡眠外来などの病院を受診するようにしてください。

マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ どのような向きで眠ると良いのか

快眠を得る為には、どのような向きで眠ると良いのでしょうか。 基本的には、どの眠り方が快眠を得ることが出来るというものはありません。 本人がこの寝方が良いと思う寝方が、一番快眠を得ることが出来る寝方でもあります。 眠る時に気にしている姿勢というのは、寝始めだけのことです。 一旦寝入ってしまえば、後は無意識に寝返りを打っているので本人はわかりません。 寝返りというのは、一晩で20回~30回は行っていると言われています。 それほど寝返りを打っているのですから、姿勢はあまり関係ない

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。