トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイドいびき > 赤ちゃんのいびきについて

赤ちゃんのいびきについて

赤ちゃんのいびきについての画像

子どもがいびきをしている場合には注意しなければなりませんが、赤ちゃんの場合はどうでしょうか?
赤ちゃんのいびきというのは、子どものいびき以上に注意をしなければなりません。

新生児の赤ちゃんがいびきをかいている場合には、先天的な疾患が疑われます。

アレルギー性鼻炎などの鼻の障害によって、いびきをかいていることもあります。

鼻炎の状態からそのままほおっておくと、呼吸困難を引き起こすこともあるので注意が必要です。

赤ちゃんの喉の位置は、大人よりも高めとなっています。

そういった構造から、いびきをかきやすい状態なのです。

成長に伴っていびきをかかなくなることもあります。

まずは赤ちゃんの状態を確認するようにしてください。

赤ちゃんが気持ちよく眠っているようであれば、さほど心配することはありません。

眠っている向きを変えることで、いにきがおさまることもあります。

ですが、喉仏のあたりがへこんでいるようであれば要注意です。

すぐにでも、専門家を受診するようにしてください。

赤ちゃんがいびきをかいていると全てが病気というわけではありません。

ですが安心を得る為にも、早急に専門家を受診するようにしてください。

少し大きくなって3歳頃から急にいびきをかくこともあります。

これは、アデノイドと呼ばれる咽頭扁桃が肥大している可能性があります。

10歳頃がピークといわれており、序所に小さくなることもあるのでしばらく経過観察をしてみましょう。

赤ちゃんの場合にはこのアデノイドが原因の場合もあるようです。

そういった場合には、しばらく様子をみたほうがいいと思います。

マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 不眠症に睡眠薬が効果的なのか

不眠症に一番多く用いられる薬として、睡眠導入剤があります。 睡眠薬は寝付きをよくするだけでなく、精神的な不安や緊張を和らげる役目もあります。 精神だけでなく筋肉もリラックスさせることによって、睡眠を促すことが出来るのです。 睡眠薬を使用することも不眠症を解決する方法のひとつですが、まずは簡単な方法から試してみましょう。 眠る前にコーヒーや紅茶を飲んでいませんか。 コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれているので、眠りを妨げることにもなります。 日中に太陽の光を浴びて軽く運動を

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。