トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイド快眠 > 快眠には8時間の睡眠が必要

快眠には8時間の睡眠が必要

快眠には8時間の睡眠が必要の画像

「8時間は眠らないとダメ」という言葉を、よく耳にします。

人間は、必ず8時間睡眠を取らないとダメなのでしょうか。

実際に、毎日8時間以上の睡眠を取っている方というのは少ないのではないでしょうか。

特に忙しい現代人は、睡眠時間も短くなってしまっています。

睡眠というのは時間ではなく、いかに快眠できるかどうかということなのです。

眠りの質が問題で、質の良い眠りをしているのであれば短時間でもかまいません。

睡眠は、眠ってから最初の90分が勝負と言われています。

眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠と呼ばれる睡眠状態があります。

ノンレム睡眠というのは、とても眠りが深く熟睡している状態を指します。

この時にノンレム睡眠という深い眠りの状態が訪れます。

このノンレム睡眠というのは、脳まで眠るくらい深い眠りなのです。

このタイミングで熟睡することが重要で、これが快眠かどうかの分かれ目でもあります。

良い快眠を得る為に大切なことは、時間ではなく眠るタイミングなのです。

ですから8時間きちんと眠る必要はありません。

たとえ4時間程度の睡眠時間であったとしても、良い眠りだったと思い込めば質の良い眠りが出来たということになります。

睡眠というのは、自身の気持ちが大きく左右される行為でもあります。

出来るだけ快適な睡眠空間を作り、気持ちよく眠れるように心掛けてみてください。

気持ちよく眠りにつくことで、それだけでも快眠を得ることが出来ます。

快眠は時間にこだわらず、どれだけ気持ちよく眠れるかを考えて眠るようにしてください。

[ 快眠 ]
マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寝不足と寝すぎについて

睡眠というのは、何時間程度とればよいものなのでしょうか。 1日に必要な睡眠時間は人によって異なり、4時間で大丈夫な人もいれば9時間以上必要な人もいます。 それほど、必要とされる睡眠時間はばらばらなのです。 相対性理論で知られる有名なアインシュタインは、9時間以上の睡眠が必要な長時間睡眠者です。 長時間睡眠者は、9時間以上ずっと熟睡しているというわけではありません。 途中で何度も目が覚めたり、眠りの浅い状態が続いたりしています。 長時間睡眠者というのは、眠りの質が悪いというこ

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。