トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイド快眠 > 良い快眠環境とは

良い快眠環境とは

良い快眠環境とはの画像

快眠を得る為に睡眠環境を整えるということは、とても大切なことです。

まずは寝室の明かりですが、出来れば暖色系の明かりにしてみましょう。

明かりを調節することで、脳が眠りモードへと入ることが出来るようになります。

睡眠時には明かりをつけないほうが良いのですが、暗いと眠れないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、豆電球などの少しの明かりで眠るようにしてください。

快適な睡眠を得る為には、室温調整も大切なことです。

夏であれば25度・冬であれば13度くらいが適温であるとされています。

タイマーを上手に利用して、室温調整を行ってみてください。

あまりいつまでもエアコンを付けていると、その音が快眠を邪魔している場合もあります。

寝具やパジャマについても同じで、きちんとしたものを着用するようにしましょう。

よくジャージなどで眠る方もいらっしゃるようですが、体がリラックス出来ずに良い眠りを得られないこともあります。

眠る前にきちんとパジャマに着替え、リラックス出来る状態で眠るようにしましょう。

寝具もパジャマも汗を吸収することが出来るコットンなどが最適です。

裸で眠る方もいらっやるようですが、汗を掻いても吸い取るものが無いので不快な眠りとなってしまいます。

このようなちょっとした工夫をすることで、快眠を得ることが出来ます。

現在不眠で悩んでいるというようであれば、まずはこういった睡眠環境を整えるようにしてみてください。

[ 快眠 ]
マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寝不足と寝すぎについて

睡眠というのは、何時間程度とればよいものなのでしょうか。 1日に必要な睡眠時間は人によって異なり、4時間で大丈夫な人もいれば9時間以上必要な人もいます。 それほど、必要とされる睡眠時間はばらばらなのです。 相対性理論で知られる有名なアインシュタインは、9時間以上の睡眠が必要な長時間睡眠者です。 長時間睡眠者は、9時間以上ずっと熟睡しているというわけではありません。 途中で何度も目が覚めたり、眠りの浅い状態が続いたりしています。 長時間睡眠者というのは、眠りの質が悪いというこ

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。