トップ 睡眠ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
ネ・ムーン

睡眠ガイド快眠 > どのような向きで眠ると良いのか

どのような向きで眠ると良いのか

どのような向きで眠ると良いのかの画像

快眠を得る為には、どのような向きで眠ると良いのでしょうか。

基本的には、どの眠り方が快眠を得ることが出来るというものはありません。

本人がこの寝方が良いと思う寝方が、一番快眠を得ることが出来る寝方でもあります。

眠る時に気にしている姿勢というのは、寝始めだけのことです。

一旦寝入ってしまえば、後は無意識に寝返りを打っているので本人はわかりません。

寝返りというのは、一晩で20回~30回は行っていると言われています。

それほど寝返りを打っているのですから、姿勢はあまり関係ないといえるのではないでしょうか。

眠る時の姿勢としては、大きく分けて仰向け・うつ伏せ・横向きの3種類があります。

仰向けで眠る方が多いと思いますが、無呼吸などの傾向がある方は気道を確保する為にも横向きが良いと言われています。

横向きで眠る場合には、ちょっと丸まったような姿勢で眠るとよいでしょう。

右側を下にして眠ることで、胃腸に良いとも言われています。

うつぶせで眠るという方は、あまりいらっしゃらないかもしれません。

うつぶせでベッドを抱えるように眠ることで、安心出来るのかもしれません。

このように、様々な寝方があります。

ですがどの寝方が良いかというのは、本人でなければわかりません。

自分が心地よいと思っている寝方であっても、快眠を得られないのであれば寝方を変えてみてください。

寝方を変えることで、思っている以上に快眠を得ることが出来るかもしれません。

要は、色々と寝方を試してみるということです。

そうすることで、自分に最適な睡眠方法がわかってくるのではないでしょうか。

[ 快眠 ]
マインドガード

睡眠ガイドのピックアップ一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 快眠には8時間の睡眠が必要

「8時間は眠らないとダメ」という言葉を、よく耳にします。 人間は、必ず8時間睡眠を取らないとダメなのでしょうか。 実際に、毎日8時間以上の睡眠を取っている方というのは少ないのではないでしょうか。 特に忙しい現代人は、睡眠時間も短くなってしまっています。 睡眠というのは時間ではなく、いかに快眠できるかどうかということなのです。 眠りの質が問題で、質の良い眠りをしているのであれば短時間でもかまいません。 睡眠は、眠ってから最初の90分が勝負と言われています。 眠りにはレム睡眠と

睡眠ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。